2012年04月21日

ドクターK野茂英雄

今日は「ドクターK」野茂英雄のお話しをしたいと思います。

野茂と言えば「三振」、「フォーク」、「トルネード投法」、「メジャーの先駆者」などのイメージがありますよね。

野茂11.jpg

先日、何かの雑誌で野茂の記事を見つけました。

その記事にとても感動したので、紹介します。

それは現役を引退した審判のお話しでした。

これまで一番印象に残ってるピッチャー。

それが野茂だったのです。

野茂2.jpg

野茂の投げる球のスピードに恐怖心を抱いたり、フォークの落差が凄かったり・・・

驚くことは多かったと語った後、その審判が、その中でも一番記憶に残ってることとして伝えたこと。

それは、「野茂は審判のジャッジに文句を一切言わない」ということです。

ストライク、ボールの判定、振った、振ってないの判定、アウト、セーフの判定、数多くの微妙な「判定」があったと思いますが野茂にとってはノープロブレム。

95年にメジャーへ挑戦するためアメリカへ渡ってしまった野茂。

アメリカと日本のストライクゾーンの違いについて聞いてみたかったその審判はメジャー移籍後の野茂にその話を聞いてみたそうです。

「アメリカと日本のストライクゾーンの違いってどう?」

「?」

驚いたことに野茂はストライクゾーンの違いすら意識してなく、その違いを答えられなかったそうです。

野茂にとっては目の前の打者から、いかに空振りを取るか。

三振を取るか。

それしか見えてなかったのでしょうか。

剛速球とフォークで日米通算201勝、3122奪三振を挙げた野茂英雄投手。

まさにバッターと1vs1で勝負するサムライのようなピッチャーでした。

今は野球が変わり、野茂のようなピッチャーはもう出てこないかも知れません。

その話はまた次回に♪

ちなみに野茂の生まれ年、1968年は、私と同じ年なんです。


不動産のことならナビ・デザイン・システムへ!

http://navi-ds.com/

よろしくお願いします♪
posted by はらだ at 10:12| 兵庫 ☁| スポーツ(アスリート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

あっぱれ!山本昌!!最年長先発勝利!!

昨日の阪神戦、中日の先発は山本昌投手(46歳8ヶ月)。

46歳という年齢ながら巧みな投球術で8回を投げ2安打無失点に抑える好投で最年長先発勝利の記録を更新しました。

球速は決して早くないんですがスクリューボールで内野ゴロに打ち取るシーンはなんともお見事!

山本昌.jpg

同世代の私たちにとってはとても嬉しく勇気が出る思いです。

昨年の右足首のケガからの見事な復活も素晴らしい。

精神力、メンタルの強さはもちろん、身体のメンテナンスや、日頃の努力、摂生等、様々なことの積み重ねなしでは、成し遂げられない素晴らしい偉業だと思います。

大沢親分が健在なら「あっぱれ!!」を連発してたことでしょう。

これからも活躍期待しています。


不動産のことならナビ・デザイン・システムへ!

http://navi-ds.com/

よろしくお願いします♪
posted by はらだ at 08:56| 兵庫 | スポーツ(アスリート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。